あなたのすぐそばにいるドリームキラー、対処法は単純明快!

夢を追っている人なら聞いたことがあるかもしれない、ドリームキラーという言葉。あなたの周りにもドリームキラーがいませんか?

あなたの夢ややる気を挫いてしまうドリームキラーの対処法を今日はお伝えいたしますね^ ^

スポンサードリンク



なんとなく想像つきますが、そもそもドリームキラーとは?

ドリームキラー。直訳すると夢を殺す人。そのままの意味ですね。

つまり、あなたが夢や目標に向かってやる気になっているときに現れて、それを否定したりやめるように言ったりする人のことです。いるいる!と思い当たる人が浮かんじゃった方、いるかもしれません。

例えば学生時代『○○大学を受けようと思ってる』と言ったところ『無理に決まってる!』『夢見すぎ(笑)』と茶化す友人いませんでしたか?

私は、友人ではなく、先生にみんなの前でみんなに話している風で遠回しに私のことを言われたことありますよ。すごく傷つきました。

ここからクソーと猛勉強、見事難関大学突破!!とかだったらかっこよかったんですが、その大学は諦めました(笑)(←諦めたんかい)

結局その程度の気持ちだったのです。ちょっと言われて諦めるような程度だったということ。まだ高2で、なんとなくいけたらいいな~くらいのところを全否定されたから、じゃあ別にそこじゃなくていいや。ってなっちゃったんです。

受験に限らず、何か夢を持って頑張ろうとする時、周りに現れるドリームキラー。

『できるわけないよ』

『成功者はほんの一握りらしいよ』

『それで食べていける人ってすごく大きなピラミッドの一番頂上の0.3%の人だけらしいよ』

『あんな素敵な人と付き合えてもきっとモテるから毎日悩まされるよ』

『失敗したらどうするつもりなの?』

『もっと堅実に働きなよ』

こんな言葉を投げかけられたことはありませんか?こんなこと言われたらとても嫌な気持ちになりますよね。

私の体験談

私に起こったショックだった体験を少し書きます。

こちらのブログをいつも読んでくださっている方はご存知かと思いますが、そうでない方が大半だと思いますので書いておきますと、私は去年とある資格を取って、開業することに決めました。なかなか集客が難しく、まだ稼ぎにはなっていないのですが、先月には思い切って開業届も出したんです。これで食べていこう、とお金を相当投資し、親にも怒られながら頼み込んで借金し、毎日の生活がもう、今、超がけっぷちです。

だからこそ諦められないし、簡単に成功するならみんながやっているものだと思うので、今は頑張る時だと思っています。

そんな時に、1年ぶりくらいに久しぶりに会ったお友達。私がその資格をとったことは知っているけれど、それ以上のことは知らないので近況報告というか、どうなの?と聞かれるので正直に答えました。『集客が難しい。借金もしてるし大変。』とかいろいろ。

きっとそのお友達は、それを聞いて私のことが心配になったのだと思います。善意で言ってくれたことはわかっています。

でも本当に『頑張ろうとしている時になんでそんなこと言うの?』と思うことを連発されて相当落ち込んだんです。

例えば、私は、去年の後半から、家計が火の車なので、昔の職場に時短パートで出戻っていて事務をしているんですが、

『どこかで別の正社員になれる仕事をするか、そこの正社員になったらどう?』と言われたんです。

なんでその選択肢?と謎すぎて言葉失いました。起業して頑張ってるって言ってるのに?!?!?って😅

起業はしたけれど、すぐには稼げないから、家計のためパートで出戻っただけです。本当はどこかに雇われて働くことはしたくないんです。

目の前のお金の面がなんとかなるなら戻ってません。だってもっと起業に必要なことに専念したいですもん。

私は好きで戻ったわけではなく、現実問題生活を成り立たすためのお金が必要で、どこかで働かないといけないとは思っていたけれど、私の性格上人間関係に悩んで病むので、新しくどこかに入っても続かない可能性が大。

というか私の職歴で正社員なんて、子供を生む前から履歴書で落とされまくって面接にも進めなかったのに、いまやいつ突然休むかわからない幼児持ちの女で、職歴が壊滅的にぐちゃぐちゃの私を誰が雇ってくれるっていうのか、そんな企業があるならこっちが知りたいZE!!万が一なんかの奇跡で、どこかに入れたとしても中途採用で30超えてて何の資格も経験もない女なんて稼ぎはたかが知れてますよ。私は、離婚したいんで、シングルでかつかつの生活して、子供にやりたいこと我慢させて、給料やっすいとこで働くなんて絶対嫌です。

正社員になって取られる時間も、求められる責任も増えて、でも給料はしょぼい、なんて私、生きてる価値が見出せません(笑)

誤解しないでいただきたいですが、そういう条件で、生きるために我慢して必死で頑張っている方もいらっしゃいますから、そういう方を馬鹿にしているわけじゃないんですよ。

私が、嫌なことしたくない、我慢したくない、すぐに病む、好きでもないことに時間を取られたくない、一生つまらない仕事したくない、人間関係で悩むくらいなら誰とも働かず、一人でできる仕事がいい。そういう傾向がすっっごく強いんです。ええ、社会不適合者ですとも(笑)

でも、起業してすぐに成功は難しいから、今の会社なら昔働いていたときのメンバーがまだいてやりやすいという理由と、子供のことで突発的に休むことに対してとても寛容な会社であること、私が週4でしか働けないのもオッケーで雇ってくれる事務のパートなんてなかなかなかったから、そこしかない!という感じで戻ったんです。(それまで、あちこち事務職のパートを探していたけれど、どこも幼稚園に預けられる時間と合わなかったり、やっと『週2,3勤務オッケー』と募集を見つけて、いざ面接にいっても、『週5出れませんか?』と言われ、無理だと言ったら落とされたり、さんざんだったのです。)

そんなだったから、パートをさせてもらえるには、今の会社は申し分ないです。

でも、仕事内容は私の興味のある内容からはかけ離れているし、子供は保育園ではなく幼稚園通いなので、園の預かりの融通が利きません。

そこは正社員なんて目指したら、残業が当たり前の会社。

そこのある契約社員で同じく幼児の子持ちで私と同じ時短勤務の方がいるのですが、絶対に定時には上がれず、よく旦那さんに電話して保育園のお迎えにいってもらってます。そんなことができる融通が利く旦那さんの職業だからいいけれど、我が家は絶対無理(旦那は毎晩午前を回って帰ってきます)ですし、同僚のお子さんも『ママ、早く帰ってきてよ』と寂しそうに言うそうで、私、子供にそんな思いは絶対させたくありません。それもあっての起業だったので。

その辺をうまく説明できなくて、友人の正社員になれとかなんとか言ってくることに、嫌だとか無理だとか言ってたら、友人に『せめて、そんな事務職ではなく、起業の仕事に少しでもつながるような接客業のバイトをしたら?』とも言われました。どこにそんな仕事があるのか謎ですが、そもそも私は接客業は向いてないってば(笑)

できないって意味ではありません。営業スマイル大得意。愛想の良さだけは自信があります(笑)でも向いてないんです。

父親がすぐ切れて暴れる人だったので、人の顔色見て生きることが染みついてしまっているのか、接客のバイトや派遣社員はいくつもしてきましたが、自慢じゃないですが、どこにいっても社員の方に褒められます。愛想よく接客できて、ある程度気が付いて先読みして動けるので、きっと傍からは接客業が向いているように見られてたのだと思います。

でも私は、内心、はらわた煮えくりかえってるんです。みんながいいお客さんの時は楽しいですが、横柄なお客さん、理不尽なクレーマー、キッチンのミスなのにお客さんに平謝りしなければいけない立場のホール業務の私に対し、怒鳴り散らすオッサン。私は平身低頭謝りますが、心の中では『こいつ…闇討ちしてやろうか?』

と思うくらいキレそうになってます。

私、接客業をしていたらストレスで心が病むんです。

我慢が嫌い、できるだけ嘘をつきたくない、そういう気持ちが強い私が、お客さんに我慢してニコニコしたり謝ったりすることが、どれほどのストレスかわかりますか?(笑)

右から 右から やーってきた~~ あいつを あいつを 左へ受け流すぅ~

とかできない性格なんです。お客さんの言うこと全部真っ正面から受け止めて、傷ついたりイラついたりする、自分、不器用な女なんで(笑)、ほんと対人の仕事は嫌なんです。なにを好んであんなストレスフルな仕事につかないといけないのか。絶ッッ対に、イ・ヤ!!!!!精神的に余裕がなくなって家でもイライラして子供にきつく当たってしまうのが目に見えてます。

それに事務職を探す前は、飲食のバイトもしていましたが、突発的に子供が熱で、とかで休むと、接客業というのはシフト制のところがほとんどなので、一人が休むと途端にホールが回らなくなったり大忙しになったりするので、ものすごい肩身が狭いんですよね。休みの連絡をいれると店長も嫌な顔しますから、ものすごくやりにくいし、迷惑をかけてしまうことでこちらもいたたまれない。自分の熱なら休まないけれど子供が休みだったら預け先がないのでどうしようもないですからね💦それで困るようなシフト内容のお仕事なら幼児の子持ちのパートなんて最初から雇わなきゃいいのに💦と正直思うくらいです。

さらに言うと、シフト制の接客バイトをしていた時は、お客さんの入りによって、今週は週1とか、今日は2時間早く帰って!とかとにかく稼ぎが安定しなくて困りました。そんなことをされたら、幼稚園に延長料金払って稼ぎにきているのに稼ぎが雀の涙で、時にはマイナスなこともあって、何やってるかわかんない状態になったんです。

そういういろんなことを踏まえたうえで、自分の中の最善の選択で今のパートにおさまっているのに、なんでそんな謎のアドバイスをしてくるの?!と私大混乱😨

しかも『起業するにもその資格の仕事じゃないとダメなの?ほかのことしたら?』とか言い出して…私これにいくら払ったと思ってんですか。親に頭下げて借金して、これで稼いで返すって約束してるんですよ。

稼げないからやっぱやーめた♪なんて簡単にできることじゃないんですよ。

ていうかそれって成功しない人のパターンですよね。次々手を出しては、どれも続かないって。

私はずっと起業したいと考えていて、セミナーに参加したり、やりたいことを探していて、ようやくこれだ!と出会えた今の起業内容。

このブログ内容にもマッチしていてとてもいいと思う!と言ってくれたブロガー仲間さんもいてとてもうれしかったのに。

私も後々はほかの似たような資格を取って幅を広げたいとは思っています。でも、今はその資金もないし、あったとしても、これもあれも、と中途半端に手を広げても、知識として深まらないと思うし、私のキャパシティではうまくいかないと自分でわかっています。

自分のキャパ、性格、状況を考えて今の起業を選んだこと、今の会社にパートで戻ることを選んだこと、何も考えずやっているのではなく、自分で考えて決めたことです。そして私の勤務時間の希望に合わせてくれる今の会社だから、交通費は出ないとか、勤務先が遠いとか、興味のない業務であることとかに対してこちらも譲歩して、ありがたく働かせてもらってます。

スポンサードリンク



起業を目指したことのない人、正社員は安定している、それが大事、だという価値観の人にはきっとピンとこないんだと思いますが、成功する人の才能というのは【続けることができること】なんだそうです。始めてすぐ稼げるなら誰も苦労しません。稼げるまで、試行錯誤しながらも諦めないでやり続ける事、これが一番大切なんですよね。それなのに、そんな簡単に正社員になれとか、ほかのことやれとか言われても…とっさにどう返していいかわからず、嫌だ無理だと言い過ぎて、帰って、どっと疲れました。

そして友人も私の言いたいことはきっと理解できず、嫌だ嫌だとワガママを言ってるだけのように感じたと思います。正直、もうこの友情はお互いに終わりだと思ってるかもしれないな…と思いました。でも大好きな友達だったので、何日かしてから、わかってほしくて後で文章にして私の真意をメッセージで送りましたが…既読もつきませんでした。

そして後になって気付きました、これもドリームキラーだったんだと。

ドリームキラーの気になる真意とは?

なぜ、ドリームキラーは人が頑張ろうとしている時に、否定してくるのでしょうか?

それは、嫉妬が原因だったりただ単に意地悪な人も中にはいますね。

自分より上に行かれると自分が嫉妬してしまうから、嫌だから、足を引っ張ろうとするタイプです。

  • 自分より上の大学に行ったら悔しい
  • あんな素敵な人と付き合われたら悔しい
  • 成功者になられたら嫉妬してしまう

そういう気持ちがあるから、必死に、『無理だよ。やめときなよ。』と言ってくるのです。身近な他人に成功されたら困るのです。

でも、これ、わかりやすくてまだマシです。怖いのは

『あなたの為を思って言ってるの、あなたに傷ついて欲しくないのよ』といういい人風な皮をかぶった、実は中身はドロドロの『悔しいから絶対に成功するなー!』という気持ちが渦巻いているタイプ(笑)

そういう意地悪な人の上っ面に騙されたらサイアクです。

『私の為を思ってくれてるのね、たしかに無理かもしれない。もう一度考え直そうかしら。』なんてまんまと相手の罠にハマって諦めてはいけませんよ💦

でも、こんなドリームキラーもまだ序の口かもしれません。そういう意地悪な気持ちって、本人が隠していても、顔、特に口元や言葉のニュアンスににじみ出てくるものだから、相手をよく見れば、見抜けると思います。

ただ、厄介なことに、ドリームキラーに悩まされるのは、こういう悪意をもったタイプだけでなく、善意で言ってくれているように見える親や大切な友人に多いからなんです。さっき書いた私の友人もこのタイプですね。つまり、

自分にとって大切な人物で、なおかつ本当に心配しているからこそ否定してくるドリームキラーだから、言われた側は心を揺るがされるのです。

あほの意地悪がなんか言ってきても、なんだこいつ!で済みますけど、親や友人に心配であることを根底に夢を否定されるからこそ、悩んでしまうんですよね。

私も親だからわかります。子供が、将来不安定な仕事を目指したら、何か言いたくなると思います。だけど子供の人生です。説明はさせると思いますが、本人がやりたいと真剣に思って決めたことだとわかったら、応援するつもりでいます。子供のドリームキラーにはなりたくないですから。本人が妥協して違うことをして、我慢して生きていくより、自分が納得できるまでは、苦労してでも自分のやりたいことを頑張ってやってみるほうが、本人は絶対幸せですよね。

何が一番大切?

きっと、自分が嫌だ嫌だと思いながらも、これが人生だ、これが仕事だ、妥協しないといけないことはたくさんある、それでもみんな我慢して頑張っているのだから、と自分をなんとか納得させて生きている人たちというのは、私のような考えの人間を、ダメ人間だと思うでしょうね。

でもそれっておかしくないですか?根底にあるのは、自分だってガマンして生きてるんだから、あんたもガマンすべきってことじゃないですか?我慢していることが不満なら、本当にやりたいことをやればいい。

そういう人はやりたいことをやって失敗するのが嫌だから、もしくはやりたいことがないから、人生こんなもんだ、と我慢する、という生き方を選んだのだから、我慢しなければいけないだけです。

私は、心にうそをついて生きたくない、ということを選ぶから、失敗することも受け入れなければいけないだけのこと。

どちらを自分の人生の中で優先するかの違いなだけなので、どちらが正しいとかでは絶対ない。

だから、人に押し付けるべきではないと思うのです。私だって、正社員で、しんどいしんどいと言いながら頑張っている人に「違うことすればいいじゃん、なんで文句いいながら我慢して生きてるの?」なんてアドバイスしませんからね、内心は思ってますけど(笑)。言ってもわかってもらえないと思うから言わないんです。わかってもらえない、というのは私とは違う価値観で生きている人だから、ですよ。見下して、バカだから理解できないでしょ、という意味で言ってませんよ。

何が一番大切かによって、夢を追うのか、安定を求めるのか(そもそも正社員が安定しているという時代でもないですけど)、で選択が違ってくるのですから、自分とは違うタイプの言うことが理解できないのは当たり前なのです。自分の当たり前、が相手の当たり前、ではないのです。だけど大切な相手だからこそ、理解しがたいことを選択したとしても、尊重して応援してあげるべきでは、と思います。

実はドリームキラーの潜在意識にあるのは…

ホメオスタシスという言葉、聞いたことありませんか?日本語では恒常性の維持と訳され、つまり、変化しないように保とうとする生物のもっている仕組みのことです。ダイエットをしても戻ってしまうのはこれが原因と言われています。急激に体重が変わると、体は危険を感じ元に戻ろうとしてしまうんですね。私も子供を産んで、この体でもう何年もたちますから、潜在意識が完全にこの体を保とうとして、ダイエットがうまくできないんだと思っています(笑)だから急激に太った時はすぐに戻そうとすれば成功しやすいんですって。太ったまま何年もたつと、それが当たり前になり、戻すことに抵抗がおきちゃうんですね。

とにかく、このホメオスタシスというのは、心理面でも機能しており、変わろうとすることに対して、潜在的に拒否反応を示してしまうのが人間なのです。これがドリームキラーにも関係してきます。

あなたの親しい友人や親は、あなたが変わろうとすることに対してもホメオスタシスが働き、不安になるのです。あなたが変わることに不安を覚え、必死に今のままでいてもらおう、とドリームキラーになってしまうのですね。それがわかると、仕方ないのか、とも思えますね。

だけど、やっぱり、夢を否定されるのはつらいものです。そこでドリームキラー対処法です。

そもそも夢を語らなければ、殺されない

ドリームキラー対処法:一番簡単なのは、夢を話さない事。

宣言すれば応援してもらえる、ということもあるので、難しいですが、ドリームキラーになりそうな相手には夢を話さない方がいいです。特に親や親せきなんかは色々言ってきますから、否定されたくなければそもそも話さず内に秘めて、こっそり頑張ればいいんです。

ただ、自分が夢を追うことで迷惑がかかる相手なら言わないといけないですけどね。例えば仕事辞めて起業したいけど、嫁と子供がいる、とかなら、妻子の生活の問題がありますから、それは説明責任が出てくると思うので否定されても話さないといけませんが、そうでない限り、言わなくていいです。

同窓会とか、嫉妬深い相手とか、心配性で世話をやいてくれる相手とかにも、夢は話さない方がいいですね。色々言われるのは目に見えてますから。

でも、頑張っている時に話せる相手がいないのもつらかったりしますね、そんなときは、同じ夢を持っていたり、すでに夢を叶えている先輩や、もしも身近にいるなら成功者に話しましょう。同じ夢を持っている人とは、頑張ろう!と切磋琢磨しあえます。先輩や成功者からは、どうしたらうまくいくかアドバイスがもらえますし、うまくいかない時どう乗り切ったか、などのリアルな体験が聞けます。経験したからこそ、こういうリスクもあるから、それをわかってでもやりたいなら頑張れよ、というアドバイスってありがたいし、素直に聞けますね。

対処法その2:距離を置くこと。

こちらが話したくなくても、友だちなので会えば近況報告でいろいろ聞いてこられる。親だから何かと聞いてくる。ってあると思いますが、そんなときうまく誤魔化せるならいいのですが、もしそれができないなら、夢をかなえるまでは距離を置くことも視野にいれたほうがいいです。否定されて落ち込んだりイライラしている時間がもったいないです。せっかく好きなこと、夢があるのなら少しでもそのことについて考えたいですよね。

対処法その3:自信をもつこと。

そもそも色々言われて、ブレるのはあなたに自信がないから。本当にやりたい、いや、やる!!と決めたことなら多少言われたくらいでブレませんよね。何言われたって、やりたいからやるんだ!!!!という強い思いを持っていますか?

周りというのは自分の内面の投影なので、もし誰かに色々否定されたとしたら、それはあなたの中にある考えが他人を通して反映され出てきた言葉の可能性もあります。だから、内心思っている痛い所を突かれてしまって、動揺したり、やっぱり諦めるべき?と影響されてしまうのです。

何を言われてもブレない芯のある夢をもってくださいね^^

対処法その4:夢に向かってまっすぐ走ること

口だけの夢語りなら、否定されても仕方ありません。夢ばかり語って何も行動しなければ、どうせやらないんでしょと思われても仕方ありませんよね。だから、行動を起こし、頑張っている姿を見せてください。ブレない姿勢を見せてください。そうすれば、何も言えないし、そのうち応援してくれるようになりますよ。

私の親も、何か思っているみたいですが、何も言いません。それは私が言っても聞かない性格だと理解しているからだと思います(笑)旦那も何も言いません。同じくいうことを聞く女じゃないとわかっているからだと思うし、パート先の愚痴もなく、やりたいことをしている私をみて『ほんとそこのパートに戻れて良かったね』といつも言ってくれます。ありがたい環境だな、と思いますが、それは私がそういう性格だと相手に諦めさせている部分でもあると思います。言ってることがブレブレで、何かを誰かに言われたら、ころころと意見を変える性格だったら、きっと色々言われていたと思います。

だから自分を持って、まっすぐ走ればいいんです。周りに何も言わせないくらいつっ走ってください。

 

 

どちらが好きですか?

あなたが夢を語った時、『すごいね!あなたならきっとできるよ!がんばってね!』と言ってくれる友人と

『そんなのできるの?大丈夫?やめた方がいいんじゃない?』と不安をあおってくる友人。どちらとたくさん話したいですか?

もちろん前者ですよね。

ドリームキラーに悩まされたことがあっても、気付かないうちに、自分も誰かのドリームキラーになっている可能性はあります。心配だから言っていても、相手からしたら、嫌なこという人にしか見えません。

だから人の夢を聞いたら応援できる人になることも意識しましょう。

私も過去はドリームキラーだったと思います。基本ネガティブなんで、すぐマイナスポイント思いついちゃうんで色々心配になってしまうんです。でも今はそれが良くないことだと思うので、言わないように気を付けています。大切な人にはポジティブな言葉をかけてあげたいからです。人の夢を否定したくないからです。

落ち込んでいる時に、根拠が無くても『頑張れ!絶対できるよ!』と言ってくれる存在がいるのは心強いです。そういう素敵な仲間を見つけてくださいね。

そのためには、周りが応援したくなるくらい自分が頑張る事、そして普段から人の夢を否定しない事が大切ですよ♪

それでは今日はこの辺で。

あなたにたくさんの奇跡が起こりますように♡

waheguru♡

次の記事も人気です↓

不可能を可能にするのに必要なのは次の3つだけ

 

2 件のコメント

  • いつもかなりの文章量だけど、今回は特に凄いね^^。
    なんともパワフル!
    それだけのバイタリティーがあれば、開業も絶対成功すると思うよ。(^0^)/

    • kanさま

      コメントありがとうございます。
      よく見ていただいてるのですね。
      頑張っていきます!良いご報告がブログできたらいいなと思います^ ^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です