自分が変われば周りも変わる二つの理由

べたなことを言ってるな~と言わないで!😅

引き寄せの法則を知っていくと、周りを見ていたら本当にそうなんだ、と実感することが本当に多いですよ✨

もちろん自分の心の在り方をみていてもそうだと思います。

スポンサードリンク



1人で怒っている女

以前、私のブログで(→人は見たいものしか見ない生き物です)、何をされても悪い方向にしか受け取らず自滅した女の子の話を書きました。

同じようなタイプの女の子は他にもちょこちょこ見かけます。

例えば以前、私のいた職場に、入ってきたある女の子がいました。仮にAさんとします。Aさんは入ってきたときは美人でにこにこしていてノリもよくとてもいい子に見えました。

ところが働いていくうちに、だんだんと暗くなっていき、泣きながら仕事をしていたり、上司と会議室で話して泣きながら出てきたり、情緒不安定なところがでてくるようになりました。彼女が働いていた同僚や上司は、変な人、意地悪な人は全くいません(小さい会社だったのでその辺はよくわかりました)。ところが、Aさんはなぜか同僚とうまくやれないとか上司が・・・とか人間関係で悩んでいたのです。

Aさんのいら立ちは私の課の先輩にまで怒りの矛先が飛び火し、

「私は残業しているのに、あの人はいつも定時で帰って・・・」と陰口を言い出しました。

しかしAさんの立場は契約社員、私の先輩は派遣社員。派遣社員は定時で帰ってほしいのが会社の意向です。(残業されたら覇権社員は高くつきますから)そして私と先輩のいた課と、Aさんのいた課は別の課なので、やっている仕事内容は全く違うんです。

仕事内容が違う、よその課の人の帰る時間にまで文句をつけるとは一体・・・と私は驚きました😅

私と同じ仕事をしている先輩なので私はよくわかっていましたが、私の先輩は仕事の要領がよく、頭も良く、仕事をてきぱきこなし、定時には確実に終わらせていましたので、別に仕事を置いて帰っているわけでもないし何も悪いところはありませんでした。

Aさんはなぜ、自分のことに集中せず、他人をうらやんだり(早く帰ることに)、その人のことを悪く言っていたのでしょう。

また、その会社の仲良しグループで一度バーベキューに行ったことがありましたが、楽しかった~と帰ってきたはずが、Aさんだけは「二度と行かない!!」と怒っていました。何かあったの?と聞いてみると、「みんなが準備しているときに何もせず遊んでいた人がいた、むかつく」とのことでした。そんな人いたっけ??と私は全く思い浮かびませんでした。見ているものが違う証拠ですね。

仕事でもなく、お給料をもらっていることではないただのプライベート。みんなでわきあいあいとやっている場で、誰が動いていて誰が動いていないか、なんて気にしなくないですか?それが仕事で、期日がせまる中で全員がすごく忙しく追われているのに誰かが自分は関係ない顔をして遊んでいた、とかなら腹が立つのもわかりますけど・・・。

彼女はなぜかわからないけれど、周りを見ていて自分が損をしている、とばかり思って、他人が楽をしているようにみえるのが許せないのかな・・・と思いました。

ある日私が落ち込んでいて、お昼休みにぽろっと落ち込んでいることをみんなの前で話すと、あとで二人きりになった時にAさんが「ranの気持ちわかるよ!」と言ってきたことがありました。

私は「うん。ありがとう、まぁ私の考え方を変えればいいのはわかっているんだけどね・・・」と返すと、「なんで?周りが悪いのに自分の考え方を変えたって周りは何も変わらないのに?」ときょとんとしたAさんの返事が返ってきました。

スポンサードリンク



あぁ、そうじゃないのにな、そういう考え方だからいつもイライラしたり泣いたり、情緒不安定なんだろうな。と思いましたが思い込みが激しいし、聞く耳ももたない彼女に、友達でもない、ただの同僚の私が何か言うことはありませんでした。

自分が変われば周りも変わる理由

自分だってできていないのだから人に対して偉そうなことは言えません。

でも自分の考えを変えれば周りが変わるのは本当です。これには二つ意味があると思います。

Aさんを例に出せばわかるように、

彼女はすべて周りが悪い、と思っています。

でも本当にそうでしょうか。誰かがAさんをいじめたわけではありません。私の先輩が定時で帰ったところでAさんの仕事には何の支障もありません。バーベキューで準備に参加しない人がいても、人数は多かったので、特にすることがない人がいたとしてもおかしくありませんでした。

Aさんはなぜかわからないけれど、なんでも自分を被害者のようにとらえ、陰で、心の中で誰かを攻撃していましたが、それで傷ついているのはAさん自身でした。

私の課の先輩が早く帰ることとAさんが残業することは関係ないのに勝手に関係があるように思っていたのはAさんだけです。

謎の被害者意識が、Aさんをどんどん苦しめ、結果Aさんは転職先を見つけてすぐにうちの職場をやめましたが、彼女はどこにいっても彼女の考え方を変えない限り悩むんだろうな、と思いながら私は見送っていました。

Aさんがその意味のわからない被害者意識をなくせば、何も悩むことはなかったと思いませんか?

誰もAさんを攻撃していないのに、なぜか自分が勝手に自分は損をしているように感じていて、常に怒ったり泣いたりしていた。

独り相撲?誰と戦ってるの?不思議で仕方ありません。

Aさんの場合、考え方が変われば、周りの景色は違ってみえたはずです。

自分が変われば周りも変わる理由その2

これは引き寄せの法則関連の本を読んでいるとよく出てくるような内容ですが、自分が変わると周りが変わるのは自分の出している波動が変わるからです。

常にイライラしていれば、さらにいらつく状況を引き寄せます。常に泣いていれば、もっと泣きたくなる状況を引き寄せます。世の中同じ波動が集まるようにできているのです。

だから自分がいつも楽しければ、もっと楽しい状況が。

お金持ちのお財布にはもっとお金が。

悪口を言っている人にはもっと悪口を言いたくなる状況が。

どんどんどんどんやってくるのです。

だから、Aさんの場合は何も問題のないところに自分で問題を引き起こしていましたが、

例えば、意味もなくターゲットにされ、あなたを虐めてくる先輩がいたとしたら?

この場合は、相手が悪いのになんで私が考え方を変える必要が?と思いますよね。

でもニコニコして毎日楽しく過ごしていれば先輩がいじめをしてこなくなった、なぜか優しくなった、その先輩が他部署にいって会わなくなった、その先輩が仕事を退職した、など、どんな形はわかりませんが、自分にとってニコニコしたくなる楽しい状況がおきるのです。

魔法みたいですよね。これが引き寄せの法則です。

私は人間関係に悩むことが多いので、まだこの魔法を使いこなせません。ポジティブに考える前に、「なんであんな意地悪ばかり言ってくるのだろう」という気持ちでいっぱいになってしまうんです。

ここが私の、まだまだ引き寄せ見習いたるゆえんですね。

もっともっと勉強!

人のことは見えるけど、自分のことはまだまだ見えません。自分の波動が変わって、周りが変わった、という魔法を早く使えるように、もっともっとたくさんの本を読んで勉強しないといけませんね。そしてこのブログで少しでもみなさんに還元できたら、と思います。

このブログを最後まで読んでくれたあなたに幸せがたくさん降り注ぎますように。

waheguru♡

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です