全ては自分が引き寄せていると悟った体験

過去の話です。

離婚した後、私に寄ってくる男性が全て彼女持ちか既婚者ということが続いたことがありました。

既婚者なのに堂々と口説いてくる人もいたし、口説かれて口説かれて、メールのやりとりを頻繁にし始めたら実は彼女いました、とあとから判明するパターンもあったし、彼女がいると私が知っている相手でも、平気で近づいてくる人もいました。こんな人たちと離婚後の一年で何人出会ったかわかりません。

スポンサードリンク



自分の価値は自分が決める

この頃、こんなことがありました。とても女性にモテる時とで女遊びの激しい男の子と同窓会で再会し、恋愛の話になったので、近づいてくる人がみんな彼女もちか既婚者だということを愚痴ったら『ranって愛人タイプだもんね』と言われました。

は?

そんなこと生まれて初めて言われたし、もちろん自分でもそんなタイプだと思ったことはないです。私はどちらかというと、ヤキモチやきで浮気をする男性は絶対に無理、浮気されたら絶対に即効別れる!というタイプだったから、私がこれは浮気だ!と思う範囲は人より広くて、何も行動を起こさない状態でも『浮ついた』時点で全て浮気と思っているしそれが許せない性格なんです。だから男友達が浮気したと聞けばお説教をかまし、彼女がいるのに、他の女の子のことを『あの子可愛いよね~』と言う男性には、別に本人の自由なので何も言わないけれど内心『こんなこと言う人は私は彼氏にしたくないな…』と思っているくらいめんどくさい女なんです。なのに、そんな私がなぜ愛人扱いされなきゃならないのでしょうか!!全く納得いかない!!!

その男友達にはなんでそう思うのか質問攻めしましたし、当時(も今も)納得はできませんでしたが、遊び相手を見つけるのが上手なこの人にそう見えるのなら、彼女や奥さんがいても遊びたいタイプの男性には私がそう見えていてもおかしくないのだと気付きました。

そんな女に見られたくない。私は本命になりたい。なのになんで…

悩んでいるうちに、何かがはじけました。『どうせ私はその程度の女なんだ』『だからそんな男しか寄ってこないんだ』自暴自棄になっていて『合コンもいったことがない女』だった私が、合コンいきまくり、誘われればすぐに遊びにいきまくり、『私ってそういう女なの』と自らオーラを放つようになりました。彼氏もいないんだし、私がどうしようと誰にも迷惑かけてないでしょ。そう思っていました。あの時の私はほんとひどかった。そして彼女もちだけでなく、彼女がいない人でも変な人(ストーカーみたいな)に付きまとわれたりもしました。そういうご縁を引き寄せまくりの暗黒のモテ期でした。

そしてある日仲の良かった男友達と飲みにいったときにその話をしました。(私は当時男友達が多かったのですが、『男友達』は絶対に『友達』であり、男として意識したことがなく、もちろんお互いに恋愛には発展しない、という線引きをはっきりしていました。)

その男友達から後でメールをもらいました。『余計なお世話になるかもって思って悩んだけど、心配になってメールした。自暴自棄になったらだめだよ。自分はそういう扱いをされるってことはその程度の女なんだって思ってるかもしれないけど、俺は自分の価値は自分で決めるんだと思うよ。』というような内容で自暴自棄だった私には目からうろこな言葉でした。

そうだったんだ…。私は人に『愛人タイプ』といわれ、実際にそういう扱いで寄ってくる男がたくさんいて、自分はそういう女なんだ、となぜか人の決めた価値観を自分にあてはめていたことに気付きました。そんな必要は全くないのに。そしてそう思ったことでさらにそういうタイプの男性を引き寄せていたんだと思います。

『自分の価値は自分が決める』

私はこの言葉が今でもとても好きです。引き寄せの法則に出会う前に知ったことだったけれど、今思えば思いっきり『引き寄せの法則』にあてまはまっていますよね。自分がそうだと思えばそうなる。

私はこのメールをもらってから、すぐに態度を改めました。そうしたらそのあとすぐに、ちゃんとした彼氏ができたんだから不思議ですね。

スポンサードリンク



寂しいから…と相手を探していませんか

当時、どこかでとある文章を読みました。『(恋愛で)寂しい寂しい』と思っていれば、そういう人を引き寄せる、というような内容でした。

確かに離婚して、もちろん前の旦那に未練なんてなかったけれど、早く次の恋愛をしたい!と焦っていました。その焦り、『彼氏(という存在)がいなくてさびしい』、そういう思いが磁石となって、そういう男性を引き寄せていたんですね。で、結果引き寄せた男性は、他に本命がいて、結局私は寂しい思いをするという…。寂しいと思っているから、寂しいと思う状況を引き寄せる。なんてシンプルなんでしょうか。もっと早く引き寄せを知っていれば、こんな経験はせずに済んだんでしょうけど、この経験も私にとっては大事な過去です。この辛い時期があったから今の自分があるんですよね。

このことを知ってから私はある友人がまさにこれだ、と気付きました。お人形さんみたいにめちゃくちゃ可愛い友達なので男性にモテるんですが、なぜか付き合う男付き合う男、こんな言い方あれですが、みんなろくでなし…。可愛いのに!もっと選べるのになんでその男?!というようなのを次々に引き寄せる友人。不思議で仕方なかったですが、引き寄せを知れば、そりゃそうか。と納得です。

その友達は常に男性に『依存』してしまうタイプでした。『男がいないとだめ』『ひとりでいられない』『でも女友達じゃ満たされない』そういうタイプでした。なので、常に優先順位は男>友達。それはその人の価値観なので悪いことではないですけど、常に男性優先ゆえに、結果男性には大事にされなくなるんです。いつでも自分の思い通りに動いてくれる、大体のワガママも許してくれる、そんな女性がいたら、そりゃ都合よく扱うようになりますよね。

自分の友人、一人の時間、自分の譲れないもの、そういったことを大事にしないで、常に相手の男性に合わせ、自分よりも相手の男性を大事にする。その理由は「嫌われたくないから」。この嫌われたくないから、で行動するのは引き寄せ的にはダメなんですよね。

嫌われないように自分をおさえて、嫌われないように相手の顔色をうかがって、嫌われないように、嫌われないように…そうやって気がつけば、嫌われないように自分が我慢する状況を引き寄せ続けているという…。

引き寄せの法則が~~とリアルでいうと、何非科学的なこといってんだって目で見られるんで、私は大っぴらには言わないんですけど、その友達には失恋した話を聞くたびに『ちょっとひとりの時間をもってみたら?すぐ付き合うのはやめてさ』とか『自分を大事にしないと誰も大事にしてくれないよ』などアドバイスし続けてきましたが、彼女が変わることはありませんでしたね。

言葉を受け入れるか受け入れないかも自由

私はふと目にした言葉も自分へのメッセージだと思っています。誰から?って、神様とか宇宙とか、あるいは守護霊様とか、なんでもいいんですけど、とにかく自分がいい方向へいくための大事なメッセージだと思っています。その分、人から言われる言葉にも敏感になっていて、言われた言葉をずっと考え続けてしまうところがあります。だけど、それを受け入れるのも受け入れないのも自分の自由なんですよね。

『愛人タイプだ!』と言われてそれを受け入れるのも受け入れないのも自由。それは嫌だと思えば『違います。私はその人生は選択しません』と決めればいいだけです。

友達も『ひとりの時間を大切にして』という私の言葉を受け入れなかっただけなんです。私が正しいというわけではないですから彼女の自由ですから。

私は『自分の価値は自分で決める』という言葉を受け入れたので今の自分があって、あのめちゃくちゃな状況からいい方向に進めたんだと思っています。だからこの言葉を今でも時々思い出します。誰かに私を否定するようなことを言われても、『自分の価値は自分で決める』なので、『そうじゃない、私はこうだ』と思い直すようにしています。全ては自分が引き寄せますから、自分が決めるだけでいいんです。シンプルな引き寄せの法則ですね。

次回予告

言葉は『言霊』であり『呪文』にもなり『魔法』です。だから言葉には気をつけなければなりません。言葉は強力な引き寄せの魔法を起こします。次はこの『言葉』についていろいろ思うことをかいてみますね。おやすみなさい。

スポンサードリンク