真実は、いつも1つ!!!!ではない

誰だって悪口を言いたくなる時もあります。

普段言わないように、と意識していても、ぽろっと出てしまうことはあります。私も日々色々ありますからね(笑)

子供の園ですれ違うお母さんに挨拶して無視されたりしたら

挨拶くらいしろや💢

と内心毒づいてしまう時もありますよ、ええ🙂

それを仲良しのママ友にいつもあの人返事しないんだけどなんなの?とか言っちゃったりしたことも

でもこれって私の目線なんですよね。

真実は一つではない、ってことを頭に置いとくと人を批判しなくなるからオススメ、ということを今日は詳しく書いていきます^ ^

スポンサードリンク



自分の見ている世界は主観的で真実ではない

例えば、あなたが仕事で疲れて夜遅くに電車に乗って帰っている途中だとします。『あー早く帰りたい、今すぐベッドに倒れこみたい。自分のミスでないのに上司には怒鳴られたしほんと今日は限界‥』

そんな時に酔っ払ったカップルが途中の駅で乗ってきました。

ゲラゲラ笑って大声で話すバカップル。

『うるさいなぁ💢ここは居酒屋じゃねーよ!こっちは疲れてるのに人の迷惑を考えろクソが!いい歳した大人がマナーも守らないで‥‥』

心の中でイライラしていると、やっと自分の降りる駅にたどり着きました。降りる時に、カップルと目が合ったので思わず睨みつけ、『うるせーんだよ!クソが!』とよしこも真っ青の迫力の顔でボソッと毒づき、電車を降りました。

あなたは言い逃げをしたわけですが、『あのバカップルどもめ、自分たちがうるさくて迷惑かけてたとわかっただろう!非常識なクソども!』と思い少し溜飲が下がりました。

これがあなたが体験した出来事です。

では今度はあなたがカップルの視点でこの出来事を体験してみたら、どういう風に考えていたでしょう。

あなたたちカップルは遠距離恋愛中で、半年ぶりのデートでした。久しぶりのデートが嬉しすぎてお洒落なバーで楽しくなってついつい飲み過ぎてしまいました。

上がったテンションは止まりません。電車に乗っても酔って声が大きくなっていることに気づかず、2人の世界に入っていました。あなたは楽しい気分で電車に乗っていたところ、急に知らない人に

『うるせーんだよ!クソが!』と暴言を吐かれました。

その人が言い逃げで降りていったあと、あなたたちは言い合いました。『今の何?恋人いないから嫉妬してるんじゃない?笑』

暴言を吐いた方は『言ってやった!思い知れ!』とご満悦でしたが、いわれた方は『嫉妬?』としか思ってない。1つの行動でも両者の間にはこれだけの隔たりがあるのです。

そしてカップルの方はこうも思っていました。

『たしかに今考えたら声はうるさかったかも‥でもいつもは私たちもこんな風に話さないし、むしろマナーには気をつけている方で真面目すぎると言われる。今日はたまたま久しぶりの再会で楽しすぎて、ちょっと酔いすぎてテンションが上がってしまっただけなのに‥』

実はこれは人間のありがちな思考です。

自分のやってしまったことは、『いつもはこうじゃない、今はたまたま〇〇のせいだった。私は普段はマナーを守るいい人間だ』などと状況のせいにして言い訳を思いつくけれど、

他人のやっていることは、やったことそのものが悪いというより、『そんなことをするなんてあの人は悪い人だ、非常識だ』という人格を否定してしまいがちなのです。

自分の視点でしか物を見ていないと、人のことは非常識に見えたり、悪い人間に見えてしまうのです。

でも誰でも欠点はあるし、その時は理由があって、普段ならとらない行動をとってしまうことだってあります。そのたまたましてしまった行動をたまたま見ただけの人に、『あなたという人間は非常識』だの『クソみたいな人間』だの言われたら、違うのよーーーー😱!!と言いたくなりますよね。

だから人を批判したくなったら、考えてみるのです。

その人はどういう状況でこういう行動をとったのかな?と想像をしてください。

止むに止まれぬ理由があったかもしれませんよね。

スポンサードリンク



冒頭で、私が『挨拶くらいしろや!』と思った話。これは挨拶を無視された、という私の視点、私の中の真実でしかありません。

しかし相手には何か理由があるのかもしれませんよね。考え事をしていて気付かなかったのかもしれないし、自分に挨拶をしたとは思わなかったのかもしれません。

自分に挨拶をしたとは思わなかっただけなのに、陰であの人は挨拶を返さない、と陰口を言われていたら悲しいですよね。

自分の真実が相手にとってもその通りであるわけではないのです。

前にもブログに書きましたが見たいものを見るのが人間なのです。

相手を悪く見ようと思えばいくらでも悪口は見つけられるのです。

でもそれは真実とは限らないし、自分が正しいと信じているだけの偏見に満ちた考えかもしれません。

いいことゼロ!悪口は負の連鎖

前に、悪口言いまくるBさんの話を少し書きました↓
陰口悪口を今すぐやめるべき3つの理由

私の友達Aさんが、Aさんの友達Bさんの悪口をひたすら言ってくるんです。だけどAさんが悪いわけではなく、どう見てもそのBさんが曲者で、口をひらけば延々人の悪口(しかも何をされたとかではなく勝手な思い込みで悪口)を言いまくるタイプ、Aさんはそれを聞かされている被害者なんです。

だからその愚痴を私に言いたくなるのはすごくわかるんですね。最初は衝撃でした、『えっ、なにその被害妄想?』とか『人のことはほっといたれよ!』と言いたくなる、Bさんから出る悪口のオンパレード。そんな人間いるの?(-.-;)と私は驚きでした。だって私の友達にそんな子ひとりもいなかったし💦

最初の頃は引くわーとか、そんな人の子のことまでよく言うね‥などと私はAさんの話に相槌を打っていました。

Bさんの悪口によるAさんのストレスは相当なものだったようで、気がつけばBさんがまたこんなこと言ってるのよ、と私にほぼ毎日連絡アプリを使って教えてくれるようになっていました(笑)

で、どうなったかと言うと‥私が病みました(笑)

人の悪口って当然、良くないエネルギーなんですよね。それを聞かされるということは、ずっと負のエネルギーを浴びるわけです、毎日毎日。そりゃ体にいいわけがないでしょう(笑)しかもエネルギーもらっちゃうだけでなく、確かにBさんはおかしい。だから聞かされると、私もイライラしてくるわけです、何でBさんはそんな意味不明な悪口言ってるの?!と。もしもBさんがおかしくなくてAさんがBさんに対しておかしな悪口を言ってるとしたら、Aさんに対してなんでそんなこというの?とイライラするでしょうしね。

私は昔から同調しやすいタイプで、人が泣いてりゃもらい泣きするし、イライラしてる人がいればこちらもイライラしてくるタイプ。

どうやらそれはHSPという特性なんだそうですが、その特性を持っているのもあって本当にダメージくらってしまい、それが原因か、先日体調を大幅に崩してしまったんです。

でもAさんにはその感覚がないのか、私が熱を出していると知ってても、Bさんの悪口を言ってくるんです(笑)私もう限界がきてしまって、悩みに悩んで、ある日思い切ってAさんに言いました。

『実は悪口聞くのが結構しんどい😰』と。一言ではなく、すごく言葉は選んでたくさん話しました。Aさんを傷つけたくなかったし、Aさんがストレスをためているのもわかるから、聞いてあげたいという気持ちはあった。でも本当に限界でした。

Aさんはそれを聞いてハッとなったそうで、『ごめんね、私もBさんから悪口聞かされてしんどいと思ってたはずなのに、いつの間にか同じことしちゃってたね』と謝ってくれました。

Aさんはいい人なんです。だから、逆ギレもしなくて、謝ってくれて、それから悪口はなくなりました。思い切って本音をぶつけて良かったです。

それで無事解決したんですが‥実は、解決する前、悪口は連鎖していました。

Bさんが不特定多数の悪口をAさんに言う→Aさんが私に言う→私がそれを母や友達に『ヤバイやつがいる!』と話す

私もしんどくて、それを他に吐き出していたわけです(笑)

このように悪口ってどんどん連鎖しちゃうんですよ。それくらい聞かされる方はしんどいし、受け止めきれないものなんです。

まさに誰も得しない負の連鎖ですよね。自分が蒔いた一つの悪口の種が、気がつけば勝手にあちこちに広がって悪口の花を咲かせてしまうわけです。

そんな負の連鎖の一番最初の発信者には絶対なりたくないですよね💦

人のことを言う時、自分も同じことをしている可能性大

前に悪口はブーメランであるということを

面と向かって悪口を言われた時の対処法3ステップ

の記事の中に書きましたが、まさにそれ!!な出来事を最近頻繁に見かけたのでご紹介しします。

『ダッシャイなぁーーー』事件

街を歩いていると、前から、ヤンチャそうなお兄さん2人が歩いてきました。ヤンチャそうなのは自由ですが、失礼ながらなんとも言えない服装と髪型でした(笑)

すると、すれ違った直後

『ダシャっ!!!』という声が。え?と振り返ると、その若者2人を振り返って苦虫噛み潰したような顔で睨みつけるオジサンがいました。

『ダシャっ!ダッシャイなぁーーー!なんやあの格好!ダッシャいなぁーー』

オジサン、そんな大きな声で‥聞こえちゃうよ‥😱と思いながらよく見ると、オジサンの前歯がありませんでした(笑)そのオジサン自身がもう、なんというか失礼だけど、小汚い格好してて、オシャレもくそもない感じ。オシャレしてて私の好みではない、とかではなく。

そして前歯がない(笑)

オジサン、人のこととやかく言う前に、前歯入れよう(笑)

いや、歯って高いから、事情があって入れてないのかもしれないけど、オシャレしてるわけでもなく、歯もない人に、ダサいとか言われたくないだろうよ、あのお兄ちゃんたちも。歯がないから空気抜けるのか、ダサいが、ダシャイになってるし‥

まさに、お前が言うな!!!を目の当たりにした出来事でした。

『人見て態度変えるって最低』

知り合いに、あちこちにいい顔してうまく立ち回るタイプの女性Kさんがいます。私は、そういうタイプは、生きる術だと思うので別に否定はしませんが、Kさんとは友達にはなりたくないタイプだなー、信用できないなーと思って距離を置いてました。

先日そのKさんが陰で私が言ってないことを言った、と言いふらしていることが判明。なんの嘘よ😰やっぱり信用できないわ💦と思っていたら、別の人Zさんが、そのKさんのことを『上の人には媚びてるけど、下っ端の私にはすごく偉そうで感じが悪い』と言っているのを聞きました。あー、そうだろうね、あぁいう計算高いタイプは利益にならないと思ったら態度変えるからね‥と私も思いました。

そしてそれを聞いたまさに次の日、今度は別のところからYさんという方から連絡があり、『Zさんが私にすごく冷たい。他の人にはニコニコしてるのに!私Zさんになんかしたんですかね?!』と聞かされました。

Zさん‥Kさんのこと、人によって態度変えてる、と怒ってたのに、自分もやってるのね‥。とびっくりしました。

わたしから見ると、Zさんはのし上がるための腹黒いKさんタイプとは違って、気が弱いがために誰にでもいい顔してしまうけれど、実際は立ち回るのが苦手で、疲れてるタイプ。

で、その疲れた結果、余裕がないときに他人に急に冷たく接して、周りがぎょっとする、という(笑)

YさんはZさんにとっては自分より後輩だから、余裕がない時は、愛想良くする、という努力をしなくなっちゃうんだろうな、と思いました。

タイプは違えど、やってることは同じ。人のことを悪く言っている時、まさにそれがブーメランであることをまたまた目にしたのでした。

世界は鏡なので、自分が腹の立つ相手のことは、自分は絶対あんなことはしないのに!と思っていても実は気付かない間にやっている可能性もあります。

誰かを批判したくなったら、自分はやってないかな?と考えてみるのもいいかもしれませんね。

最近のRan

またまた仕事やめたい病、勃発中。あちこちから愚痴を聞かされ、いじめをやってるお局は君臨してるし、腹黒さんが産休明けに帰ってくるし、もうここにいたくないなーと思って悩んでます。

自営で頑張りたいんだけどなぁ。なかなかそちらの準備ができなくて、泣く泣く働いてます(笑)打破するのは自分しかいない!頑張らないと、ですね💦

さてさて今日もここまでお読みいただきありがとうございました😊

あなたにたくさんの奇跡が起こりますように🌟waheguru💓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です