敏感すぎて生きづらい?あなたはHSPかも?!7つの対処法で楽になろう!

人間関係にとても疲れていて、自分はもしかして、人の気持ちに敏感すぎるんじゃないか?と思ったことはありませんか?

それで生きづらいと感じているのなら、もしかしたら、あなたはHSPかもしれません。

HSPとは何?自分は当てはまってる?もしそうならどうすればいいの?という7つの対処法について今日は書いていきます✨

スポンサードリンク



HSPとは?

H(highly)

S(sensitive)

P(person)

これがHSPの意味です。簡単な英語ですが、わかりやすく言うなら【めっちゃ敏感な人】ってことですね。HSPは感度が高く直感に優れている一方、他人との境界線があいまいで周りの負のエネルギーの影響を受けやすく、疲れやすい体質であると言われています。

このHSPとはアメリカの心理学者であるエレイン・N・アーロン博士が1996年に『感覚処理過敏性』に注目して概念化したものだそうです。人種や、年齢、性差などは関係なく、どこの国でもHSPの人というのは一定数います。これは、育て方や環境などではなく、生まれつきもっているもので、決して周りや本人のせいではありません。そしてこれは病気や障害というものでもありません。←ここ重要

また、5人に1人はいると言われていて、意外と周りにいるのか!とも思えますが、よく考えてみれば、10人いれば8人はHSPではないのですから、圧倒的に少数派となります。

少数派のHSPからすれば『鈍感な8割の人たち』に常に囲まれ、その多数派たちから『気にしすぎ』『考えすぎ』『敏感すぎ』などと思われてしまったりして、当人はとても生きにくい思いをしてしまいます。

では具体的に【めっちゃ敏感】なHSPとは、どんな特徴があるのか、自分がそうであるのか、チェック項目を次に載せましたので、当てはまるか見てみてください。

私はもしかしてHSP?

HSPの特徴を見て行きましょう。あなたは次の項目にあてはまりますか?

1.音や光、匂い、見えない電磁波、痛みなどに敏感である

2.他人の気持ちが自分に影響してしまう

3.疲れやすい

4.自己否定が強く、なんでも自分が悪い、と考えてしまう

5.自分らしく働けず、転職を繰り返してしまう

6.すぐに人を好きになったり、依存してしまう

7.自分は周りから浮いている、と感じる

8.誰かがひそひそしていると自分が悪く言われている気がする

9.悩みが頭をぐるぐるして、考えるのをやめることが難しい

10.友達が少ない

11.自分の考えよりも相手の気持ちを優先しようとして疲れる

12.誰かが怒っていたら、それが自分に対してでないことでもなビクビクしてしまったり辛い気持ちになる

13.雰囲気を読み取ったり、直感に優れている

HSPに現れる特徴は他にもまだまだあり、エレイン博士の作った正式な質問項目もありますが、簡単にまとめた上記のような項目に多く当てはまる人はHSPの可能性が高いです。またあてはまった項目は少なくても、そのあてはまった特徴が濃い場合もHSPの可能性があります。

もっと詳しく見てみたい方はエレイン博士の本を読んでみてくださいね☆↓

 

私はHSP!

ちなみに私はこれ、全部あてはまります(笑)今まではこれが自分の性格で、直さなければいけないんだと思っていました。そしてとても生きづらく、しんどい思いを何度もしてきました。

例えば、性格とはまた違いますが、電磁波過敏。携帯電話やスマートフォンで電話をしていると、頭が痛くなります。新幹線もつらいです。

電磁波に私なんかよりももっともっと過敏に、生活に支障をきたすほど反応してしまう人がいるみたいで、そういう人に対して、思い込みの強いおおげさな奴ら、とネットで書き込んでいる人をみたことがあります。

もちろん思い込んで病的に神経質になっていらっしゃる方も多少はいるでしょうけど、そうでないHSPの人も多いはずです。

私の場合は、電磁波はとても体に悪影響である、とか携帯電話からめっちゃ電磁波出てるねんで!とかいう知識を得る前から、しんどかったので、思い込みからそうなったわけではないのは確かです。むしろ後から、電磁波のせいとわかって納得したくらいです。

また、敏感すぎる体質のせいで、季節の変わり目は、ずーーーーっと不調です_(:3 」∠)_気温の変化などについていけないようで、今の時期もそうですが、特に梅雨なんか最悪で、もう毎日毎日頭痛と倦怠感と頭全体にモヤがかかってておもだるく、肩こりもひどく、今年の梅雨は鍼に通って応急処置してもらいました。

耳ってツボがたくさんありますよね?このしんどい時期、私は、自分の手で軽くもむように耳のどの部分を触っても、どこもかしこも痛くて、これがみんなそうなんだと思っていたけれど、周りに聞くとそうでないことがわかり、私だけなぜこんなに痛いのか、体調が悪いのかと悩みました。ちなみに梅雨を越えると、その【耳のどこを触っても痛い!】という状況は落ち着きました💦

痛みにも敏感で、注射とか大の大人である、今でも注射は怖いし、注射されるときは体が強張ります。大人なので、平気なふりをして注射を受けますが、刺す方の看護師に『注射苦手?(笑)』とバレます(笑)そんなだから、注射だけでなく、鍼デビューの時は、鍼が痛すぎて、冷や汗かいて、刺されているあいだずーっと、ビビりながら、指で体の別の部分をつねって、痛みをちらして耐えました(笑)一緒に鍼を受けた親に聞くと痛くないわよ、と笑われ、これまた私がおかしいのか、と悩みましたが、HSPは痛みにも敏感な人が多い、と知って納得でした。普通は痛くないのに、私がビビりで大げさな奴なんだろうか、と悩んでいたので…。しかも、鍼を受けた次の日、好転反応で3日間高熱が出続けました😅鍼の先生に感受性が強いのだ、と言われ、次からは本数少なめに、浅く刺してもらうようになりました。

また、人が注射などをされているのを見るのも、こちらまで痛い気持ちになるので、苦手です。昔、看護師になれば?と言われたことがありますが、痛がる患者さんに処置したり、人に注射を刺すなんて絶対無理だから嫌だ、と思った記憶があります。あとお化け怖いし(笑)夜勤の見回りとか絶対無理(笑)

ちなみに私のブログを読んでくださってる方には『でもウォーキングデッドなんてグロいドラマ見れるじゃん』と言われそうですが、食べられたりするえぐいシーンはいた~~~~い!!!!と自分の腕を握りしめてみています(笑)それとあれは作り物、とわかっているのも大きくて、ドキュメンタリーなんかの本当に痛い場面とかは見れないし、小さいころから父親がそういう怖い映画を平気で私たちの前で見ていたので、慣れている部分もあるかもしれません。

それから疲れやすい、というのは昔からで、自分にとってはこの疲れているのが通常状態なのですが、それが顔にもろに出るらしく、どこで働いても、バイトの初日は必ず『大丈夫?!顔色悪いよ、帰る?!』と心配されたものです(笑)慣れてきても、バイトの帰り道一緒になったチャラい男には「Ranちゃん顔疲れてるで(笑)」とよく笑われたりもしました。人混みも苦手で、外出したら100%頭痛になります。

他にも、悩み症で、いつも悩んでるね、と友達に指摘されたこともあるし、人が自分を嫌っているような気がするし、悪口言われてる気がするし、誰かが怒られてて自分に関係なくても落ち込んだり、気分が悪くなるし、人に気を遣いすぎてるくせに、気を遣ってると思われるのは嫌なので(笑)、私はぜーんぜん気を遣ってない、おおざっぱで鈍感なふりをする、という謎の気の遣い方までしていて、とってもしんどいです(笑)そうやって擬態しているくせに、『ranって全然気を遣ってないよね』なんて言ってくる無神経バカ(←オイ・笑)がちょくちょくいて、ハァ!?💢と切れそうになることもたびたびあります(笑)でもわかってくれる人はいて、『ranは気を遣ってないふりしてめっちゃ遣ってるのがわかるよ』と言ってくれる人もいて、そういう、気付いてくれる人は無神経なことは言わないので大好きです(笑)こんななので、あ、この人無理、と思ったらすぐシャッター下ろして二度と心を開きません(笑)もちろん友達も少ないです(笑)それはHSP特有の自己防衛なのだそうです。

空気を読みまくるので、誰かがいつもと少しでも違う冷たい態度をとると、当人は疲れてただけだからだとしてもこちらは『私が何かしたから怒っているのでは?』とずーっとそのことばかり考えて、自分の何が悪かったのか悩み続けます。

だから相手が表面は取り繕ってても怒ってるな、とか、落ち込んでるなとか、今一瞬ひきつった顔したよね、とか、この人私のこと嫌いなんだろうな、とか大体全部わかります。私はある程度大人になって色々経験するまで、みんなそうなんだと思っていたけど、実は私みたいなのは少数派で、よく『考えすぎ』、とか第三者が『あの子はそんなつもりであなたに言ってないよ』と、傷つけらたこちらがまるで、ただ気にしすぎかのようなことを言われることが増えて、なんであの嫌味なニュアンスがわからないのか?!と不思議に思ったり、私が思い込んでるのか?と思ったり、正直言って、私が敏感なのではなく、みんなが鈍感すぎるのでは、とHSPを知るまで思ってました

ここ最近でも、この子は私のこと好きじゃないんだろうな、と思う子がいて、周りに相談してみたら、そんなことない、考えすぎと言われ、でもあまりにも嫌なことを言われる(直接的な悪口ではなく微妙なニュアンス)ことが続いて、私はもう悩むのは疲れたので、その子のいるグループから離れたのですが、結果、あとから全然別のルートからその子は私のこともそのグループの誰のことも、友達なんかと思ってないと言っている、と回ってきました。ほら、見ろ、私が正しかったやん!!!と思いました(笑)でも、なんでわかるのか、どこでわかったのか、と言われると一瞬見せる顔つきや微妙なニュアンスなので、説明が難しく、むしろ一緒にいて同じ顔をみて同じ言葉を聞いているのに、なぜみんなはわからないのか???と思っていました。

あと、恋愛経験も豊富すぎるほどで、優しくされたり、可愛いなんて言われるとすぐ人を好きになるし(笑)、付き合えば依存しまくる体質です。あ~こんなこと書けば書くほど、めんどくさい人間だな、と思われそうで、ますます自分を嫌いになりそうです(゚д゚lll)まだいろいろエピソードはありますが、もうやめときます(笑)

HSPが楽に生きるためにできること

1.HSPを理解せよ

HSPの特徴は性格ではなく、資質です。持って生まれてしまったものなので、『気にしないようにすればいいじゃん』は通じません。HSPは日本人だったらほとんどが右利きで生まれる中の、左利きのようなものなのだ、と考えればわかりやすいと思います。世の中のものって大多数である右利きのためにできているので、左利きって不便が多いんですよね(実は私は左利きでもあります)。ハサミとかベタですけど、これとかも不便って知ってました?↓

ビュッフェレストランとかいくと、スープなどをすくうのに刺さってるこいつ。左利きが持つと、ものすごい変な体勢で入れないといけないんですよ(笑)でも、そういう左利きの大人に『じゃあ右利きに今からなればいいじゃん』と言っても無理なことはわかりますよね。(厳密には左手が使えない理由ができて右手を使うしか生きていけないような状況で必死に特訓すればできなくはないでしょうけど)

スポンサードリンク



ですからHSPの人にHSPでない人が、ある種のアドバイスをすることはHSPにとってはとてもつらいものとなります。例えば、私がこうやって体調を崩していると、『早く寝なさい』『栄養をとりなさい』といろんな人が言ってきます。私みたいなHSPは『自分に原因がある』『自分が悪い』と思いやすい『自己肯定感の低さ』が特徴の一つですので、きちんとすればしんどくないはずなんだ、しんどいのは体調管理ができない自分が悪いんだ、とまた自分を責めて落ち込みます…(´;ω;`)ですが、はっきり言って、HSPでない人と同じようにしたって、多少はマシにはなるかもしれませんが、体調はそんなすっきり良くならないんです!

だって、もうはっきり言わせてもらうと、あなたたちより神経が過敏なんですからね。

気温の高低差も普通の人たち以上に感じ取ります、電磁波も感じ取ります、音や光も過敏に感じ取ります、人一倍いろんなものが体に影響してしまうんです、そんなもの意志の力でどないかできるなら苦労しまへん😒

他人から普通の人以上に負のエネルギーもらったりするのがHSPなんです。人の気持ちに敏感で雰囲気からも普通の人以上にいろんなことを敏感に感じ取る、ということは、それだけフル回転で人一倍神経を使っているということ。HSPからしたら鈍感に見えるHSPでない人たちとは、使っている神経の量が違うわけです。同じ時間同じ場所を過ごしていたとしても、同じエネルギー量を使っているわけでないんです、そりゃ普通の人以上にものすごく疲れて当然なのですよ。

私は若いころから眠くて眠くて仕方なく、たくさん寝ても眠い、寝すぎなのか?と睡眠時間を減らしても眠い、どうやっても眠くて悩んでいたのですが、健康診断で相談すれば『若いから眠いのよ(笑)』で済まされ、友達からは『逆に寝すぎてるとかじゃないの?(笑)』と言われ、まるで私が悪いかのように言われたりしたものです。私はいつ寝たってどんだけ寝たって眠いんやで!!9時間寝たって、7時間寝たって、12時間寝たって、5時間寝たって、睡眠の黄金時間に寝てたって、次の朝起きるのがとてもつらいし、日中は眠くて死にそうになる。

だから私は日中、外で仕事に出始めると、夜こうやってブログを書くことが難しくなります。夜更かしして無理して書けば、次の日、眠すぎて仕事のパフォーマンスが圧倒的に落ちてしまい、人からは遅い、とかミスがある、とか責められ、自分でも、頑張りたくても眠くてもたまらない自分に腹が立ち、自分でも自分を責めてしまいます。学生の頃は授業中眠気に負けそうでシャーペンで手を刺しまくったこともあります。だけどHSPは神経が過敏なので、眠りが浅い人が多いと最近知りました。寝ても寝ても眠いってそういうことだったのか!とわかると、なんで寝てるのに私眠いの?なんですぐ眠くなるの?という自分へのいら立ちへの答えが出たので、自分を責めるという行動から起こしてしまうストレスは減りました。

私なんかは今年起業したけれど、何一つうまくいってなくて落ち込んでいるんですが、ビジネスの成功者なんかは、平気で「本気だったら睡眠削って、朝から晩まで仕事してお金稼いで、夜中は集客のため必死に発信するものだ、できないのは本気じゃないからだ」なんて無神経に発信するもんだから、ますます『そこまでやらない私は本気でないってことだね、すみません、私が悪いんですよね😢』とまた落ち込むわけです(笑)

でもHSPは人並み以上に勝手に神経フルで使ってると知った今は、普通の人と同じにできないことは仕方ない、といい意味で自分を受け入れることができるようになりました。自分はダメな人間なんだ、と自分を否定することが減るのはとても大切なことです。

他人からも人並み以上にストレスを受けているのに、自分でも自分を攻撃するってこんなつらいことはないです。敏感な分、せめて自分だけは自分を労わってあげてほしいです。だからHSPに人が生きやすくなるためには、まずHSPの資質、特徴を理解しそれが自分なのだ、誰のせいでもない、もって生まれたものなのだ、と理解することが一番大切です。

2.HSPはマイナスではない、長所だと考える

確かにしんどい思いはしますが、人の気持ちに敏感ってよく考えたらめっちゃ長所ですよね。だって大切な人に寄り添ってあげられるし、無神経なことを言うことは普通の人に比べれば圧倒的に少ないわけですから。言葉を言わずとも自分の気持ちをなんとなく察してくれる人って、逆の立場からみれば友達や恋人としてはとても理想的ではないですか?私も友達は少ないですが、どの友達もとても濃くお付き合いしていて、とても大切です。それは、HSPというものをみんな知らなくても、私という人間を理解し、受け入れ、決して無神経なことは言わない人たちばかりが私の数少ない友達だからです。たぶん私の仲良しの人のほとんどがHSPだと今ならわかります。同じように察して寄り添ってくれる人ばかりだからです。そして仲良しの中で、たぶんHSPでないであろう人でも、心が穏やかで人を否定しないようなおおらかな方ばかりなので、こちらも居心地が良くてありがたく仲良くさせてもらってます。ビジネスや趣味のコミュニティや、会社など自分が付き合う相手を選べない状況の人間関係にはいつも悩みますが、自分が選ぶことのできる真の友人たちには悩まされることはほぼありません。HSPは深い気遣いをしてくれるからです。私は接客のバイトをたくさんしてきましたが、気が利く、とお客様から名前をあげてアンケートに書かれたり、上司には気に入られることが多かったです。またレイキを学び、ヒーラーになったのですが、HSPはヒーラー向きと知って、目指す方向は間違ってなかったのか、と嬉しく感じています✨

3.開き直る

上の1+2って感じですね。自分にはこういう資質がある、と理解しそれは長所でもあるのだし、と受け入れ、これが自分なのだ、と開き直ることで楽になります。

しんどい思いをするのは、自分で自分を責めている部分もあるから。『なんで人と同じようにできないのか?』なんてことを思う必要はもうありません。あなたはHSP!20%の少数派。残りの80%と同じようにできるはずがないんです。でもそれは、短所ではないのだから、自分を受け入れてそれでいいんだ、そんな自分が大好きだと愛せるようになると、とても楽になります。こうであらねば!という思い込みは捨ててください。私は私です!と開き直りましょ✨

4.頑張らない

開き直ったら、次は、変に頑張るのをやめましょう(笑)こうであらねば、で無理をしてしまうと余計に疲れます。これが自分、と受け入れて開き直れば頑張ることもしなくなると思います。【相手に合わせよう、相手の期待に応えよう】、そんなことする必要ありません、だって相手はあなたのその神経の使い方に気付いてませんし、気付いたとしても『なんでそんなに気を遣うの?普通にしなよ!』といらだってる可能性すらあります。気を遣ってるのに苛立たれたら悲しいですよね。だからありのままの自分でいいんです。それで残ってくれた人が本当の友人です。

5.理解してくれる友人と付き合う

あなたの資質に理解のある穏やかな友人を見つけましょう。変な神経を遣わなくても怒らないし、『考えすぎだよ(笑)』なんて無神経なことも言わない人です。心を開け、穏やかな関係を築ける友人がいるだけでストレスが発散できます。

6.感情を振り回す人とは付き合わない

自分に対してでなくても、怒っている人がいるとこちらまでしんどくなるのがHSPの特徴。だから、自分の内面をかき乱すような悪影響を与える人とは距離を置くのが一番です。嫌われるのを恐れて嫌々そばにいるよりも、自分の心をかき乱す人と無理して付き合い続けて体調を悪くすることの方を恐れましょう。そういったストレスはいずれ病気になりかねません。

7.アーシング、ヨガ、瞑想、運動

HSPの人は帯電体質な人が多いそうです。私もすごい静電気もちです⚡️冬は金属に触ったり、人と触れ合うのが怖いです(笑)この静電気は慢性的に体がしんどい、ということにつながるそうです。そんな方はアーシングと言って、地面や海、川などに、直接裸足で立つことで体にため込んだ静電気や電磁波を地球に流すことができますのでぜひやってみてください。気持ちいいですよ^^

 

また、ヨガや瞑想などで凝り固まった気持ちをゆるめてリラックスしたり、逆に運動やカラオケなどストレスを発散するような機会を意識的にもちましょう。

HSPと知って楽になった!

私がHSPを知ったのは今年になってからでした。自分にあまりにもあてはまりすぎて、驚き、それと同時に少し楽になりました。

なぜこんなにも察してしまうのか、私の考えすぎなのか?悩み症と言われたり、気にしすぎと言われたり、本当にたくさん嫌な思いをしてきて生きづらいと感じてきました。自分が悪いんだとずっと思っていました。でもHSPという資質を持っていることがわかり、どうしようもないことなのだ、と、いい意味で諦めることができました。生まれ持ったものを意志の力でどうこうなんてできませんから、もがいて、何とかしようとして、でもできなくて自分を責める必要がなくなったのです。

そして自分がそうであるがゆえに、こう考えたらいいんだな、とか、できるだけリラックスするような行動をとるように対処できるようになりました。対処法として私はアーシングも時々しますし、毎日瞑想もしています。ストレッチも毎日しています。HSPだから、普通の人が察しないことも、察することができ、だからヒーラーとして向いている、と自信も持てるようになりました。だから生きづらいと感じている敏感すぎる人に少しでも知ってほしくて、このブログを書くことにしました。HSPであることを誇りましょう。人の気持ちに敏感って素敵なことです♪

生きづらい…とここにたどり着いたあなたが少しでも楽になったら私は嬉しいです。

それでは今日はこの辺で…あなたにたくさんの奇跡がやってきますように☆waheguru💛

こちらの記事も人気です↓☻

今消えたくなるほど、落ち込んでいるあなたへ

スポンサードリンク



2 件のコメント

  • はじめまして。
    引き寄せのことで検索していたときにRanさんのブログにヒットし
    そこから拝見させていただいております。
    今回の記事、とても共感いたしました(基本的にいつも共感しているのですが・笑)
    もう諦めるしかないのですね!
    とわかっていても、なかなか難しいのが現状ですが
    記事を読ませていただき、少し心が軽くなりました。
    ありがとうございます。
    幼少期のことから(父がDVだったり…)中学時代にはいじめに遭い
    高校中退、社会人になっても上司からのパワハラがあったりで
    転職回数も多く、今の仕事もカスタマーサポートでお客様から
    怒鳴られることもしょっちゅうで、精神ズタボロで、また転職する予定で…
    もう何か人生つらい!って思っているのですが
    Ranさんのブログを拝見すると、生きようって思えます。
    これからも拝見させていただきます。突然失礼いたしました。

    • あーにゃ様
      コメントありがとうございます、よく見ていただいてるなんて嬉しいです^ ^
      なかなか大変な思いをされているようですね💦
      まずは、何か起こったら、自分が何に対していやだったのか、どうして嫌だったのかつきつめてみませんか?そして、それをまるごと受け入れる、という作業をしてみてくださいね。
      HSPの人は、カスタマーサポートはきついと思います。私も全部受け止めて相手の感情に振り回されるタイプなのでよくわかります。
      心穏やかにできるお仕事が見つかるといいですね。
      私も毎日、なんとか生きてるって感じです。
      お互い人生がよくなっていくよう引き寄せましょうね!
      あなたにたくさんの奇跡が起こりますように‥

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です