他責思考では幸せになれない。思考を選んで幸せになる!

『なんでこんなことに?』『なんでいつも自分ばかり‥』『私は真面目に生きているのに何で?』こんな風に思ってイライラした経験はありますか?

生きていると誰だって理不尽に感じるような目に遭う事はありますので、その気持ちになるのもわかります。

でも残念ながらその思考で居続けていたら幸せにはなれません。幸せになる為の思考は自分で選んでいかなければなりません。今回は、幸せになる思考を選びたい!と思う方だけ、このブログの続きを読んでくださいね。

『あいつが悪いのに私の思考とか関係ない、私は真面目に考えてる、悪いのはあいつ!』と思う人はこの先を読んでも時間がもったいないですので…。

スポンサードリンク



自分が源

最初に尋ねたように、ここからは『幸せな思考を自分で選ぶぞ』と前向きに、自ら物事を良くさせていきたい、という方だけが読むように限定させて頂きました。

どんな状況だとしても問題を解決したいなら、自分が源であることが絶対条件だからです。→全ては自分が源と受け止める事で人生が変わっていく!

他人に自分の人生の船の舵をとらせていては、そりゃ操られます、翻弄されます、思ってもない泥沼に嵌められる可能性だってあります。『他人に舵をとらせてるつもりはない』と思うなら、その問題を人に説明する時、何と話すか考えてみてください。

『〇〇さんが‥私にこんな事をしてきて‥』こんな風に考えていたら、舵をとられています。主語が〇〇さんなので、自分が源ではありません。

自分は被害者、悪いのは〇〇さん、と思っている時点で他人に舵を取らせているということなんです。幸せになれるかどうかは自分の思考が大きく影響します。問題が起きた時、どう捉えるかで、人生は大きく変えることができるんです。幸せな思考回路にスイッチを切り替えないと、今の問題が解決しても、また次に問題と思える出来事が起こったら翻弄されます。

どんな幸せそうに見える人だって、成功してうまくいっているように見える人だって、生きていれば何かしらあり、突然やってくる理不尽な状況を避けるのは難しい事はあるでしょう。どうあっても、私たちが選べるのは、そこで、どういう思考を選択し、どう行動するかしかありません。

あいつが悪いと言い続けて、同情されたら一瞬は気持ちいいですが、根本的な解決にはならないので、その愚痴を言い続けることになり、それは幸せとは言い難いですよね。

だから問題が起きたら自分がどう考えるかに軸を戻さないと幸せにはなれないのです。

他責思考はやめること

まず、一番に、どんな問題が起きたとしても、なんでも最初に相手のせいにする思考はやめないと、何も解決しません。

何か問題が起きた時に相手が悪いと責めることを他責思考と言います。状況を冷静に把握するのは大事ですが、そこでなんでもかんでも相手が悪いからこうなったという他責思考で終わらせていると、一時は自分に責任がないので楽かもしれませんが、そもそもの問題解決にはならないので、また同じことが起きて、またイライラする羽目になります。

例えば…いつも遅刻する友人Aがいるとします。遅刻することは誰にでもあり得ますが、毎度毎度遅刻となると、Aのルーズさが原因なのでAに問題があるのは確かでしょう。

しかしそこで「Aが悪い!!!」の他責思考で終わらせていたとして、Aの遅刻癖は直るでしょうか?Aが悪いと責めているだけでは、何も対処はしてないので、解決にはなりませんよね。ということは、

また後日Aが遅刻して→またこちらがイライラする→遅刻魔のAが悪いと思う

という同じ内容でイライラする事を繰り返すだけなんです。どう見ても幸せな思考ではありませんね。このような、どう見ても相手に問題が‥という場合でも、自分はそれに対し、どういう反応をするのか、というところに焦点をあてて行動する事が問題解決の糸口になります。

(こういうわかりやすく相手に非があるケースだけでなく、第三者が見ればどちらにも非があるのに、自身の自己認識が歪んでいて、相手だけが悪いと考える癖がついていたらもう論外ですけどね。こうなってしまっている人は、自分ではなかなか気付けないです。指摘してくれる人がいればいいですけど、それでも逆ギレしてたら意味がないですし、そもそも大人になるとなかなか誰も叱ってくれなくなりますから気付くチャンスはなかなかないかもしれませんね。)

じゃあどんなパターンでも、何でも全て、自分を責めたらいいの?と思う方もいらっしゃるかもしれません。こちらは、問題を自分の責任と捉えているので一見いいように見えるかもしれませんが、自分を責めるのと、責任に感じるのは違うので、自分を責めると不必要に自己嫌悪に陥って自己肯定感が下がります。

他責思考の反対の自責思考=『問題を自分の責任と捉えて対処法を考える』事が大事なのですが、『問題が起きたら、ただただ自分が悪いと責める』となると意味合いがまた違ってきますので要注意です。

私の場合ですが、私は聖人君子ではありませんので、誰かに何か嫌なことをされたら、もちろん相手にイラっとします(笑)

そしてその後なんですが、私の思考の癖として、こんな事が起きるのは自分の何が悪いの?という方向に矢印が向きますので、自分で自分を責めてしんどくなっていたところがありました。

なぜ自分が悪いと考えてしまうのかというと『引き寄せの法則』を知ったからこその、やりがちな思考でした。

同じ波長の人が引き寄せられるだけが引き寄せの法則ではない

私は、周りに変な人が集まったら、それは自分が悪いのだ、と考えるところがありました。

以前波動についてブログを書きました。引き寄せの法則を知っている方は、波動の話はよくご存知だと思います。

波動というと、スピリチュアルなこと言ってる、あるかないかわからないような事を言ってる、と否定する人もおられるでしょう。見えないからと頭ごなしに否定すること自体ナンセンスなのですが、そもそも、これは別にふわふわした、あるかどうかわからない話ではなく、量子力学の分野ですでにわかっていることです。

人間も生き物も物も宇宙に存在する全てのものが、実は見えない波動を放っているのです。私も得意でないので、細かく正確には説明できませんが😂、生き物、物問わず、どんなものでも小さく分解していくと粒子が最小の物となります。この粒子は、であると同時にでもあります。初めて聞いた人は意味がわからないと思います。これは、観測していない時は波として存在し、観測すると粒になるということが量子学の世界ではわかっていることだそうです。

だから波動を否定してくる人がいるとしたら、その人が量子の分野の事を知らないだけなのです。知らないのなら、初めて聞いた時に、ほんとかな?と自分なりに調べてみればいいのですが、自分の知っている範囲のみで判断し、調べもせず、自分が知らないからそんなものない、と言い切ってしまっているだけに過ぎませんね。

話がそれましたが、

この粒子の放つ波が波動であり、同じ思考(同じ波動)をもつものが集まりやすいという法則があります。これがことわざでいう、類は友を呼ぶ、ですね。

これを知っているからこそ、『変な人が周りにたくさんいる=自分もこんな変な人たちと同じ波動なんだ‥』という引き寄せの法則を学んだからこその陥りがちな考え方をしてしまう人、私含め、ちょこちょこ見かけます。

私も人からの相談には、客観視できるので、状況によって、それは類は友を呼ぶとは違うパターンだよと言えるのですが、自分のこととなると主観的に見ているので一辺倒に

私がこの変な人たちを引き寄せてるのだったら、私も似たようなことしてるってことー?!

と落ち込んでいたのです。

思考が引き寄せていた

私の話なのですが、最近人とのコミュニケーションで悩むことが立て続けにありました

前回のブログで書いた(知り合いからしつこく迷惑なラインが来る時の対処法)のですが、出会ったばかりの女性から、何の絵文字もなしに、『うちの夕飯は〇〇です』『今休憩中です』など、返答に困る、内容のない報告LINEをひたすらして来られて困惑するということが起こりました。

その後、また別の人なのですが、自分から頼み事をしてきたのに、それに関することをこちらがLINEで送っても既読スルーしたり未読スルーで何日も放置したあげくに当日にドタキャンされて私がバタバタするということが起こりました。

そして先日は、スピに詳しい私を紹介してほしいと言われた、と、知り合いが連絡をくださり、会ったこともない人とLINEで繋がったのですが、こちらの話が全く通じず、YESかNOか聞いていることに返事がもらえず、返事も毎度ズレていて、同じ質問を何度も何度も繰り返し、挙句の果てに二日間既読スルー。もういいのかな?と思っていたら、また同じことの質問が来て、埒があかないので『私じゃお役にたてないようですので、ごめんなさいね』と終わろうとしたら、また同じ質問をされ、私が発狂しそうになったという事件がありました(笑)

この三件目に関しては、実際のやりとりを見ていない人からすれば、あんたがわかりにくいLINE送ったんじゃないの?という疑惑もあるかと思いますが(笑)、『私は店舗にいるのではないし、占い師ではないので、占いをお望みなら私ではできません』と3回書いているのですが、その人は『Ranさんのお店に行きたいです』を繰り返すのです😔LINEの文面上だと埒があかないから直接話すかと聞いても、それはできないというし、もうどうしていいやらわかりませんでした😅最後なんとかお断りできて、紹介者に、お断りした旨と、意思疎通とれなかった旨をやんわり伝えましたが、『紹介して、と言われたとき、Ranさんはどこかのお店にいる占い師ではないよ、と伝えたんですけどね😅』とその方もおっしゃったので、さらに仰天したという

こんなことが、ここ3ヶ月くらいの間に立て続けに起こり、『こんなコミュニケーションに難のある人たちが次から次に来るのは、私がコミュニケーション能力がないから引き寄せてるってこと?』と悩んでいました。

時系列でいうと、こんな事が次々と起こる前に、私は別の面で、【自分にコミュニケーション能力がないので苦労している】といろんな人に話していました。そういうと、みんな『Ranと話しててコミュニケーション能力ないとか思ったことない』と言います。しかし、私は『みんなお世辞を言ってるだけだ』と思い、自分のコミュニケーション能力が低いと悩んでいました。

そして、次から次にこんな人が現れて、私がコミュニケーションの能力が低いから、自分と同じコミュニケーションに難のある人が寄ってくるのだという思考から抜け出せず、自分が源であるためには具体的にどうすれば解決するのか途方にくれていました。

そんな時に、具体的に初対面の質問カウンセラー(プロの方)に全部相談し、『今日話してみてRanさんからコミュニケーション能力がないとは全く感じられませんよ。そんな人たちを引き寄せたのは自分と同じ波動だからではなく、Ranさんが『自分がコミュニケーション能力がない』と思い続け、そこにたまたまそういう人がやってきて、またその人のことで悩むから、また同じような人がやってきて…という風に引き寄せたように感じます』と言われ、そうだったのか👀‼️と、衝撃を受けました。

つまり、ばっちり思考が現実化していたのですね😂

これこそが、引き寄せの法則です。

自分と似たタイプと集まってしまうのも引き寄せの法則だし、頭で考えていることが現実化してしまうのも引き寄せの法則ですよね。

例えば自身がどうしようもない女性だから、どうしようもない男性とくっついてしまうというパターン(鏡の法則)もあれば、『男なんてクズばっかり!』と普段から言っているから、どうして次から次に?と言わんばかりにどうしようもない男性が寄ってくるパターン(思考が現実化する法則)もあるわけですが、私は自分を前者のパターンに当て嵌めて、私のコミュニケーション能力がないせいだからコミュニケーションに難のある人がくる鏡の法則に囚われていました。

やっと、自分の思考が現実化したのだった、と原因が判明したのですが、じゃあどうすればいいのかと考えてみてもやっぱりわからず困りました。

すると、そこで1つのアドバイスとして『今変な人が来るのは、そういう人に対応する時、ここまではやる、ここからは相手にしない、という自分の中のマニュアルを作るタイミングにきたと思ってはどうでしょう?』との事で、マニュアル作り!!!とこれまた目から鱗で、素直な私は(笑)、すぐにノートを用意し、マニュアルを書き始めたのでした。

マニュアル作りはダメ!?

私は毎月、講座で宇宙の法則や、世界の真実、考え方などを学んでいるのですが、その先生はチャネリングの先生なので、私の思考がお見通しのようで、この前出た講座で教わった話が、あ、これ私やん‥となる内容でした。

スポンサードリンク



それは、giverとtakerの話でした。(matcherも出てきましたが、本題ではないので割愛します)

皆さんも言葉は聞いたことがあると思います。giverは与える人、takerは取る人。

このgiver(与える人)というのは、最も成功する人と、最も成功できない人という両極端な結果になるそうです。引き寄せの法則を知っていれば、えっ?!与えるから入ってくるんだよね?だったらgiverがみんな成功してないとおかしいはずじゃ?!と混乱しそうなんですが、この与える側にいたとしても、その時の思考が大切になってくるみたいです。

与えているのに、成功しないタイプのgiverというのは、どんなタイプかというと、自己犠牲タイプなんだそうです。

先生の講座を聴きながら、私もまさにこのタイプだ、だから次から次にtakerが来るんだ‥!というところに今回の出来事の原因をまた別の角度から発見しました。これは、自分をいいように言っているのではありません。自己犠牲はいいこととは言えないし、また日本人はこの自己犠牲giverタイプが多いとか‥。

この思考の人は、他人から大切にされないです。…という話を以前ブログにも書いていますので、自分もそうかも、と気になる方はこちらもどうぞ→人から大切にされないあなたへ教える大切なこと

今回はgiverとtakerの話ではないので、ここに焦点をおきません。

とにかく、こんな思考でいたから、当たり前に私の時間を奪う人、〇〇してくれ、と言っといて、後の連絡事項を平気で無視したりドタキャンする人、相手の都合や話していることを理解せず、〇〇してほしい、と言い続ける人など、takerたちが次々やってきたというのもあるな‥と反省しました。

講座の最後に、先生に質問させてもらえる時間があったので、今の状況を詳しくは話さずに、次々と自分勝手な人がやってきて困っている、私はどう対処すればいいか、今マニュアルを作っているが、その他にできる事はあるかを聞いてみました。先生が教えてくださった解決策は、なんと、マニュアルは作るな、そこに意識をもっていくなでした。

き、基本中の基本だったーーー😭

思考は現実化するから、思考を切り替える

思考が現実化するんですよ!!!!!!!ブログ書いてるのになぜこの解決策がわからなかったんだろう!!(笑)ほんとね、人の事はよく見えるのに自分の事となると見えなくなっているんですよね~

マニュアルなんて作ったら、その時間ずっと完全に意識をそこに集中させてますから、そんな事をしたらまた引き寄せますよね?!(笑)

いや、マニュアルという案自体はとてもいいと思うんです。自分が対応する時の指針を作っていくのは今後お仕事をしていく上で役に立つと思います。ですが、思考が引き寄せる、ということを考えたら、先生の言うことは理にかなってると私は思いました。

皆さんはどうですか?

個人で、嫌な相手の対応の為のマニュアル作りをする人はなかなかいないでしょうけど人間って嫌な思いをしたら、後々思い出して、嫌な記憶を反芻しがちですよね。で、思い出したことでまたイライラするという悪循環かつ、思考する事でまた似たような状況を引き寄せ続ける負のループ‥😥

『すごく嫌だった、あんなこと言ってきた、なんであの人はこんなこと言うの?(するの?)』と考えてばかりいて、自分はコミュニケーション能力がないと思い続けたから、もっとそう思わせられる出来事を見事に引き寄せたのだから、私の取る行動はその考えを手放し、思考をそこからズラせばいいだけなのでした。

練習あるのみ

考えを手放すと一言に言っても、そんなの気がついたら考えてしまうのにどうやって?難しい、無理、という方もいらっしゃるでしょう。

先生にも言われましたが、これは練習しかないです。私もそう思います。

私も昔は超ネガティブ思考だったのが、今は切り替えが早くなり、割とすぐにポジティブに変換できるようになりました。(まだまだできていないところもありますが‥)近年出会っていて最近の私しか知らない人には、Ranがネガティブとかありえない、と言われます。

そうなるまでに、何年も何年も考え方を変える練習をしてきた結果、ちゃんと変わったという自信があるので、今回の【嫌な思いをした】という記憶を手放す、考え始めたら瞬時に別のことに気持ちを切り替える、という思考を変換する訓練を繰り返していけばできるようになるな、と確信しています。

相手を赦せということ?

私の身に起きたことは、許す許さないというほどの問題ではないのですが、自分に嫌な思いをさせた相手を許せない、なんで許さなきゃいけないの?と怒る人が時々いるのでそこにも少し触れます。まず、許すのは相手のためではない、ということを知って欲しいです。

『許したら相手が楽になるじゃない。そんなの許せない』と思うのかもしれませんが、許せない相手に、許したよ、と伝える必要はないです。相手が楽になるとかならないとかは関係ありません。

そして、核心の話をしますが、許せないでいると、自分が自分自身の怒りの毒を喰らいますし、なぜか相手は元気になります。

相手を憎む気持ちは自分の心を攻撃し、体に支障をきたします。誰かを憎んでいたら、人相も変わります。ひどいことをしてきた相手のために、自分が健康を崩し、心を病み、人相が変わり‥と悪い方になっていく方が悔しくないですか?そして相手は元気になってしまう。憎めば憎むほど、相手は強くなるとしたら?相手を許さないでいることは、自分にはデメリットしかなく、相手にはメリットしかないんです。

もしもわざと相手が嫌がらせをしてくるような心の持ち主だとしたら、あなたが健やかに元気に幸せそうに生きてるのが一番堪えますよ。

そして、許せば自分が楽になりますが、許さないといけない、というわけでもありません。許さなくてもいいけど、対応は同じです、そこに思考をもっていかないこと。

許せないなら許さなくてもいい。だけど、忘れてください。恨みを持ち続けることをやめてしまうのが大事です。

『○○されたことは許せない』=OKです。

許せなくてもいいけど『許せない許せない』と考える時間を無くしてください。エネルギーをそこに注ぐことがデメリットでしかありませんから。恨みの思考でいると、もっと恨みたくなるようなことを引き寄せてしまうからです。

幸せな思考を選ぶとは、嫌だった記憶を反芻したり、嫌な相手のことを考えるのではなく、自分が考えていて楽しくなるような思考に自分でシフトしていくということです。幸せな気持ちになることは人によって違いますね。大好きな人のことを思い出す、大好きなペットと遊ぶ、動物の動画を見て癒される、友人と話してて面白かった内容を思い出す、大好きな本を読む、映画を見る、大自然の場所に出かける、音楽などの趣味に没頭する…。嫌なことを思い出してイライラし始めたらそんな自分に気が付いて、瞬時に『あ、また考えてた、やめやめ!』と切り替えて、自分が幸せだと思えることをしたり、考えたりして、楽しく感じることに思考を切り替える練習をしてくださいね。練習すればいつしか、意識しなくても簡単にできるようになりますよ!

というわけで今日も長くなりましたがここまでに致します。

あなたに奇跡が雪崩のようにやってきますように💛waheguru💛

スポンサードリンク